2016年08月13日

フィリピン邦人男性殺害、妻と不倫相手の男逮捕

フィリピン北部のラグナ州で11日、現地在住の73歳の日本人男性が殺害され、妻とその不倫相手の男が逮捕されました。

 フィリピン・ルソン島のラグナ州カランバ市で11日、ツツイ・タカシさん(73)が自宅で胸などを刺され死亡しました。

 警察は、ツツイさんの妻であるフィリピン人の女(34)を殺人の疑いで逮捕しました。
 「妻は自宅付近を警備する男と不倫関係にあり、その男と犯行に及んだと供述しています」(カランバ市の警察)

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約
fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

2016年08月06日

2016年のフィリピン経済、外食・観光産業が狙い目か

フィリピンは、2012年以来継続的にASEAN諸国でトップクラスの経済成長率を維持している。国家経済開発庁のリポートによると、2016年第1四半期のGDP成長率は6.9%となり、サービス業と製造業が景気上昇を牽引している。景気を根本的に支える要因として、GDPの7割を占める個人消費の強さが挙げられ、小売業は今後も継続的に好調である。国家統計局によると、小売の中では特に外食産業の伸びが指摘されている。個人消費は、フィリピン人海外労働者(OFW)からの送金をバックボーンとした、「人材輸出サービス」業の成長に支えられている。
.
また海外労働者派遣(OFW)と同様、人材をインターネット上で労働力を提供するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の成長も大きな要因となっている。BPO産業ではコールセンターをはじめ、経理、給与計算などの事務作業が低価格で行えるため、欧米諸国の進出、業務発注が増えており、フィリピン労働雇用省(DOLE)の発表によると同産業の売上高は今年2016年には250億ドルに到達すると予想されている。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約
fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

2016年08月05日

在日比大使館、偽装結婚など強要する悪徳仲介業者に注意するよう呼び掛け

7月30日の人身取引反対世界デーを受け、在日フィリピン大使館は8月3日、日本への比人渡航者に対し人身売買に巻き込まれないよう呼び掛けた。日本への渡航については過去に、就労目的にもかかわらず短期滞在査証(ビザ)による入国を促したり、偽装結婚を強要する仲介業者の例が報告されている。

 同大使館によると、人身売買に関係する悪質業者の手口は(1)就労先を仲介したにもかかわらず、短期滞在査証を手配する(2)偽装結婚を強要し、就労可能な配偶者査証を取得しようとする(3)短期滞在査証で入国した後、就労査証への変更や難民認定を受けて就労を可能にすると約束し、法外な手数料を請求する││など。

 比大使館は「人身売買は奴隷制度の新しい形であり、個人の人権を侵害する犯罪行為」と指摘。日本への就労希望者に対して、労働雇用省海外雇用局(POEA)へ相談した上で、就労可能な査証を取得するよう呼び掛けた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約
fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース