2016年06月17日

トンカツ、ブッフェがフィリピンで流行?

フィリピンでは、昼食時間や夕食時間にショッピングモールのレストラン街に行くと、よく目にする光景があります。定額食べ放題のブッフェレストランの前に、長蛇の列ができているのです。先日も首都マニラのある人気店を覗いてみると、店頭に2列に並べられた待合席は満席状態で、20人程度が順番を待っていました。

現地ではマニラに限らず、各地のショッピングモールで同じようなブッフェレストランのブームが起こっています。以前からホテルのレストランなどでブッフェは提供されていましたが、2000ペソ(約4600円)程度と料金が高かったため、庶民は気軽に利用できませんでした。

 そうした中、2014年頃からショッピングモール内にブッフェレストランが次々とオープンしたのです。料金は700ペソ(約1600円)程度で、一般的なフィリピン人でも、少し背伸びすれば届く水準まで下がりました。

 この料金で前菜、サラダ、中華、イタリアン、日本食、チキン、ラム肉などをシェフが切り分けるサービスなどが堪能できます。さらに、デザートでは各種ケーキはもちろん、その場で焼いてもらったクレープの生地を使ってオリジナルなパフェを作れるなど遊びの要素もあり、娯楽好きなフィリピン人の心をがっちりと掴んでいます。

 ブッフェが支持されている最大の理由は、フィリピン人が家族や親戚など、身内の絆を大切にする国民性を持ち、集まって食事を取るのを習慣にしていることにあります。大勢で食卓を囲むことができ、各自が好きなものを好きなだけ楽しめるブッフェは、その習慣を体現する格好の場というわけです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピントピックス

2015年07月10日

国民的議論もないフィリピンとの「同盟関係」が孕む危険

150710.jpg

国会でもメディアでもほとんど議論が無いまま、日本はフィリピンと同盟関係に入りつつある。

200t級の巡視船10隻(計128億円)を無償で供与し、フィリピンに派遣する自衛隊に関する「地位協定」の協議を行い、共同演習などによる「相互運用能力の向上」を目指している。

ベニグノ・アキノ大統領は東京での記者会見で「時期が来れば共同作戦も必要となるだろう」と語っている。

南沙諸島を巡り中国と対立するフィリピンの防衛を日本に肩代わりさせたい米国の要請に応じたようだが、軍事力も経済力も乏しいフィリピンを同盟国にして中国と対立するリスクは極めて大きい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピントピックス

2015年05月28日

川崎少年殺害から見えてくる日本「移民」社会の深層と政治的欠落

2015年2月20日未明、川崎市川崎区の多摩川河川敷で、中学1年生上村(うえむら)遼太さん(13歳)が亡くなった。全裸で真冬の川で泳がされたあげく、顔などを繰り返し切りつけられ、工業用カッターナイフで首を深く傷つけられたのが致命傷となった。近くに結束バンドが落ちており、膝にはあざがあった。手足を縛られ、膝をついた状態で暴行を受けたのではないかと推察された。

残忍さが際立つこの殺人に関与したのは3人の少年で、18歳の無職のAが主犯として殺人罪で逮捕された。両親と兄弟がおり、母親がフィリピン人だ。Aは高校を中退していたが、中学時代の同級生B(17歳)と、一歳年下で、別の中学を卒業したC(17歳)が傷害致死で一緒に逮捕された。Cの母親もフィリピン人で、シングルマザーだった。

殺害された少年も、母親がシングルマザーで、5人兄弟の二人目。5歳のとき、父親が漁師を目指して家族で島根県隠岐島諸島の西ノ島町に移り住み、小学校3年生で両親が離婚。小学校5年生になって川崎に移った。中学入学後の昨夏から、部活のバスケット部には顔を出さなくなり、年上の友達と行動を共にするようになる。昨年12月に少年Aのグループと出会い、1月から不登校。このころの写真では、Aに殴られ、目の周りにあざを作っている。

この事件が、フィリピンにつながる少年たちによって引き起こされたと知ったとき、直感的に感じたのは、ああ、とうとう起きてしまったという思いだった。

2004年から8年まで、日本で暮らす、外国に連なる子どもたちの取材をした。外国人少年の犯罪は、社会的包摂の失敗から起きていた。ここ数年、特に、フィリピン人の母親を持つ子どもたちの状況が気になっていた。言葉の問題、学校に留まりにくいこと。虐待に近い暴力を受けて育つために起きる親との葛藤。そんなものを見聞きした。しかも、その背景を理解する力は、支援者側でも不十分だった。社会につながるための特別なサポートは、あまりにも乏しかった。

一方、母子家庭の貧困問題の根深さも日本社会の大きな課題だ。貧困のなかで育つ子どもたちは、社会資源の乏しさにより、やはり社会につながりにくい。
この事件は、現代日本が抱える政治的欠落が、最も弱い立場の少年の惨殺という形で噴出したと感じた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピントピックス

2015年05月22日

西島秀俊の放つ銃弾がフィリピンの空を突き抜ける、「劇場版MOZU」メイキング

150522-2.jpg

11月7日より全国ロードショーとなる西島秀俊の主演作「劇場版MOZU」。今回フィリピンロケでのメイキング映像が公開された。

この作品は2014年に放送されたドラマ「MOZU」シリーズの続編。逢坂剛の小説を原作にしたクライムアクションで、西島扮する警視庁公安部の倉木が、ビートたけし演じる謎の存在“ダルマ”を追う。

メイキング映像に収められているのは、西島をはじめ、香川照之、真木よう子、長谷川博己ら主要キャストがクランクインの挨拶を行う様子。また、フィリピンの活気あるマーケットの中で空に向かって拳銃を発砲する西島の姿や、トラックが大破する迫力満点の場面などが捉えられており、スケールの大きさを期待させる。なお、フィリピンロケで使用した銃弾は1500発、大破させた車は4台、エキストラは500人以上とのこと。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピントピックス