2016年08月05日

在日比大使館、偽装結婚など強要する悪徳仲介業者に注意するよう呼び掛け

7月30日の人身取引反対世界デーを受け、在日フィリピン大使館は8月3日、日本への比人渡航者に対し人身売買に巻き込まれないよう呼び掛けた。日本への渡航については過去に、就労目的にもかかわらず短期滞在査証(ビザ)による入国を促したり、偽装結婚を強要する仲介業者の例が報告されている。

 同大使館によると、人身売買に関係する悪質業者の手口は(1)就労先を仲介したにもかかわらず、短期滞在査証を手配する(2)偽装結婚を強要し、就労可能な配偶者査証を取得しようとする(3)短期滞在査証で入国した後、就労査証への変更や難民認定を受けて就労を可能にすると約束し、法外な手数料を請求する││など。

 比大使館は「人身売買は奴隷制度の新しい形であり、個人の人権を侵害する犯罪行為」と指摘。日本への就労希望者に対して、労働雇用省海外雇用局(POEA)へ相談した上で、就労可能な査証を取得するよう呼び掛けた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約
fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176365888

この記事へのトラックバック