2015年12月18日

「フィリピン児童買春校長」女性裁判官が呆れたアッケラカン!

フィリピンで1万2660人の女性を買春し、その様子を撮影したアルバムが400冊、ノートのタイトルには「我が秘密の生涯編」とあった。児童買春・児童ポルノ禁止法違反などに問われている元公立中学校校長、高島雄平被告(65)の初公判が、17日(2015年12月)に横浜地裁であったのだが、このセンセイまったく反省してないようだ。

検察側の冒頭陳述によると、1988年にフィリピンの日本人学校教員として赴任したのがきっかけで買春を覚えたという。一人につき2500円を払い、「安いな、これで悶々とすることはないな」と感じのめり込んでいった。「14歳から70歳までの女性を買春し、その1割は18歳未満ではないか」と供述している。

傍聴したリポーターの阿部祐二「反省の言葉は出てくるのですが、その端々に本音が出て、『もうやりません。高齢で、体力もない。自宅のローンも残っているし』などと話し、法廷内は唖然としていました」

お金があればやるということなのか。阿部は「この時、女性裁判官の表情がみるみる変わっていったのを感じました」と話す。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 18:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピンニュース
この記事へのコメント
我が秘密の生涯というエッチな小説の題名を思い出しました。JKビジネスの現状を見るとフィリピンより日本の方が乱れていると感じます。フィリピンを 見習って18歳未満即アウトの制度になったら、住み良い社会になると思います。
皆さんはどう思いますか?

失礼しました。
Posted by ツーリスト at 2015年12月19日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170153329

この記事へのトラックバック