2015年09月12日

フィリピンで日本人60人逮捕 不法就労の疑い

フィリピン国家捜査局(NBI)は11日、必要な労働許可を得ずに就労していたとして、同国中部セブの「ジャパン・インタートレード・コールセンター(JICC)」社で勤務していた日本人約60人を、不法就労の疑いで逮捕した。

 NBIなどによると、JICC社は外資系企業などが集まるセブ中心部の「ITパーク」地区に事務所を構え、電話対応代行業務などをしている。関係者によると、同社で働いていた日本人は半年間の実務研修中のため、就業許可は不要だと主張しているという。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 22:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | フィリピンニュース
この記事へのコメント
中の人より(転送)対教育省:語学学校のメニューとして、「インターン」プログラムを書面で認可され、対労働局:当初、労働ビザを申請するが「インターンは学生ビザでOK」と書面で許可され、イミグレーションや、それぞれのマニラ本部にも事前に許可を得ていた。NBIが入った後、上記プロセスを説明し、裁判所より釈放命令が下され、翌日から通常営業をしている。インターン生も日本とセブを渡航できており、ビザの更新もできている。
Posted by Jijitsu at 2015年09月24日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163472624

この記事へのトラックバック