2015年05月07日

フィリピンが韓中日を抑えて船舶受注1位になった理由

フィリピンが韓国・中国・日本などを抑えて先月、船舶受注1位になった。

英国の造船・海運分析機関クラークソンによると、先月、世界の船舶発注量は174万CGT(標準換算トン数、建造難易度などを考慮した船舶の重さ)だが、フィリピンはこのうち59万CGTを受注した。全体受注量の約34%にのぼる。韓国は53万3000CGT(シェア30.7%)を受注し、2位だった。中国は29万5000CGT(17.0%)、日本は14万9000CGT(8.6%)を受注した。

クラークソンは国別の受注量を集計する場合、フィリピンを別に分類しない。韓国と中国、日本、台湾を除いた「その他のアジア諸国」に含める。それだけ世界造船市場に占める比率が低いということだ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 14:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピンニュース
この記事へのコメント
これ記事間違っていませんか〜?
Posted by 匿名 at 2015年05月07日 14:50
タイトルが間違っていました。申し訳ありません。
Posted by フィリピンニュース at 2015年05月07日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/127527666

この記事へのトラックバック