2014年10月31日

BPIが東京に事務所、送金サービスを支援

アヤラ系フィリピン・アイランズ銀行(BPI)は30日、東京の六本木に駐在員事務所を開設したと発表した。提携先企業を通じて、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)の送金の利便性を高める。

フィリピン証券取引所(PSE)に提出した報告書によると、29日付で駐在員事務所を開設した。送金サービスを手掛けるスピード・マネー・トランスファー・ジャパン(SMTJ)、ジャパン・レミット・ファイナンス、キョウダイの3社を通じて、OFWを含む在日フィリピン人の海外送金を支援する。駐在員事務所には英語とタガログ語が通じるスタッフも配置している。

日本には今年6月末時点で、21万3,923人のフィリピン人が在住。都道府県別では東京都が2万8,812人と最多で、関東に全体の46%が集中している。海外からフィリピンへの送金額で、日本が世界で7番目に多いことも、駐在員事務所を設置した理由のひとつ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


fb-title.jpg

posted by フィリピン駐在員 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

フィリピン政府、エボラ流行国に滞在の自国民に退避勧告

フィリピン政府は30日、エボラウイルスが流行する西アフリカ諸国から退避するよう国民に勧告した上で、該当国からの帰国者は21日間の隔離措置を行うと発表した。

フィリピンのアルバート・デルロサリオ(Albert del Rosario)外相は、フィリピン政府がリベリア、ギニア、シエラレオネに滞在する約900人のフィリピン人に「自主帰国」を勧告したと述べた。

またデルロサリオ外相がフィリピンのABS-CBNテレビに語ったところによると、同国のベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)大統領は、帰国者を政府施設で21日間隔離するよう命じた。

デルロサリオ外相は、国外で働くフィリピン人が1000万人に上ることから、エボラ熱の流行に同国が「極めてぜい弱」であると説明した。

またフィリピン保健省のリンドン・リー・スイ(Lyndon Lee Suy)報道官によると、リベリアで活動中のフィリピン人100人以上の平和維持部隊も11月に帰国させ、軍事施設で隔離する方針という。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピン駐在員 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

2014年10月30日

フィリピン・ジャズを楽しめる無料イベント 東京

141030.jpg

国際機関日本アセアンセンターは11月8日、「フィリピン秋のお楽しみ会 〜 フィリピン ジャズ&文化に触れる一日」をアセアンホール(東京都港区)で開催する。

同イベントは、日本とフィリピンの音楽をはじめとした文化交流、フィリピンの優れたアーティストを紹介する場「東京 ― マニラ ジャズ&アーツ フェスティバル」のプレイベントとして実施する。小規模なライブでミュージシャンを身近に感じながら音楽を楽しみ、フィリピンの文化や観光地としての魅力を知ってもらうことを目的に行う。

フィリピンではアメリカ文化が浸透しており、多くの若手のジャズ・ミュージシャンが活躍している。特に、同国のジャズ・シンガーの歌唱力には定評があり、世界的にも評価が高いという。同イベントでは、ジャズのスタンダードナンバーから、タガログ語の歌まで、フィリピン・ジャズをじっくりと楽しむことができる。

また、ジャズ・コンサートに先立ち、同国についての知識を深めてもらうために、文化・観光の面から同国の魅力を紹介するミニセミナーを実施する。

開催日時は11月8日の12:20〜16:00。定員100名。入場料は無料。会場にはフィリピンのスナックやドリンクを用意しており、開場(12:00)からイベント開始までの間、楽しむことができる。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


fb-title.jpg

posted by フィリピン駐在員 at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース