2016年08月24日

フィリピン歓楽街、麻薬撲滅作戦の影響で売り上げが半減

2016年8月23日、フィリピンのドゥテルテ大統領の麻薬撲滅作戦で、射殺された犯罪者は1000人を超え、国連から射殺中止勧告が出されている。

 フィリピンの代表的な歓楽街アンへレス。外国人利用者の多いゴーゴーバー・ドールハウスのスタッフ・マリアさんは「麻薬撲滅作戦の影響で客足が遠のき、売り上げは半減。廃業や倒産に追いやられた店舗も多いです。

多くの外国人利用者はフィリピンを避け周辺国に渡航しているようです。しかし、麻薬撲滅作戦で、麻薬関連の従事者はアンへレスから離れ、治安は良くなっています。

麻薬を楽しみに来る不良外国人旅行者がいなくなることで、1年後には安全な歓楽街として、以前より活気のある地域に生まれ変われるのではと期待をしています」と話す。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

2016年08月22日

フィリピン大統領、国連脱退に言及 司法外殺人への非難受け

フィリピンのドゥテルテ大統領は21日、麻薬犯罪の強硬摘発で多数が殺害されている実態を国連に非難されたことに反発し、国連からの脱退に言及した。
ドゥテルテ大統領大統領はフィリピン南部の地元ダバオ市で演説し、英語で「恐らく国連からの離脱を決意しなければならない」と述べた後に、タガログ語で「馬鹿野郎め、お前がそれほど侮辱するなら我々は脱退するだけだ」と言い放った。

さらに、国連がフィリピンの窮状を無視していると非難、「最後にここへ来たのはいつだ? 批判以外は皆無だ」と怒りをぶちまけた。

これに先立ち国連は18日に発表した報告書でドゥテルテ政権に対し、麻薬犯罪の暴力的な取り締まりを自制するよう促していた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース

2016年08月19日

三越伊勢丹、フィリピン進出 日本の百貨店初

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は野村不動産ホールディングス(HD)と組み、フィリピンに進出する。首都のマニラ郊外で商業施設と住宅を一体開発する。2022年にも部分開業する見通し。

総事業費は500億円とみられる。日本の百貨店がフィリピンに進出するのは初めて。国内の百貨店市場が縮小するなか、今後も経済成長が期待できるアジアでの事業拡大を急ぐ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約
fb-title.jpg

posted by フィリピンニュース at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンニュース